手書き製図は何が良くて何が悪い?CADと比較!


色々な場所で手軽に始められる

手書き製図の良い点として挙げられるのは、手軽なことです。簡易的な製図であれば、紙と鉛筆さえあればすぐにでも可能です。そこに定規やコンパスなどの道具を付け足したら、ある程度の技術を持った人であればクオリティの高い製図ができるでしょう。CADの場合はまず端末とソフトを用意する必要があるため、まとまった費用が必要です。

また、持ち運びができない端末だと、製図作業ができる場所は限られます。その点手書き製図だと、使用する道具は持ち運びが難しくないものが多い上に、色々なところで簡単に用意できます。効率的な作業をするためにはドラフターなどがあった方が良いですが、必須というわけではありません。したがって、想定外のタイミングで製図が必要になった際にも、対応できる可能性があります。

修正や変更をするのが大変

手書きの製図とCADを比べた場合、修正や変更のしやすさという点では、CADに軍配が上がります。製図ではいくつもの線を引きますが、間違えることも十分あり得ます。その場合は、消しゴムで消した後で新しい線を引き直す必要があります。そして、他の線や文字と重なった線を消す場合、それらを消さないように気を付けるか、全てをまとめて消して書き直すかをしなければなりません。いずれにしても手間がかかり、製図作業のペースが乱れたり、完成までの時間が遅れたりするでしょう。

けれど、CADであれば、線はあくまでもコンピュータ上のデータなので、簡単に修正可能です。さらに、変更する必要があった場合、元の製図データをそのままコピーして変更が可能です。手書きでもコピーは可能ですが、元のデータに手を加えることができないのが難点です。

電気CADとは、電気設計に特化したCADの事です。電気設計について色々な角度からサポートする機能が充実しています。これを使用する事で、今まで面倒で手間のかかっていた電気設計の工数をかなり削減する事が出来ます。